サラリーマン、タネをまく

「節約」たまに「子育て」と「いい話」

Suicaの利用はビューカードでチャージがお得!エリア外でも便利

スポンサーリンク

スポンサーリンク


交通系ICカード

 

「電車やバスに乗らないからSuicaは関係ない!」なんて思っていませんか?

 

その思い込みでお財布が重い負担を受けています。小さなロスはやがて大きなロスにつながります。Suicaは、電車やバスに乗らなくても電子マネーとして使えばとても便利でお得です。

 

最大のメリットは、ビューカードからSuicaへチャージすることで貯まるポイントを同じSuicaにチャージすることで、1.5%の値引と同じ効果を支払いの際に実現できることにあります。

 

分散させることなく集約させるのが無駄なくポイントを消化するコツです。1本化すれば効率よく使って貯めてと好循環に作用します。

 

あなたの生活の中で役に立つこと間違いなし。エリア外でもSuicaを激しくオススメします。

 

 

Suicaで移動から買い物まで完結

Suicaとは、JR東日本が運営する国内屈指の普及率を誇るお金を入金してから使うプリペイド型の交通系ICカードです。入金することをチャージするとも言います。

 

切符を買わずに電車に乗ったりバスに乗ったりするだけではなく、買い物でも「電子マネー」として使うことができます。

 

QUICPayやiDは、ポストペイ型といって後払いで使う電子マネーになります。

 

今まで、Suicaの使えるエリアは首都圏だけだと思っていましたが使えるエリアが拡大しました。

1枚で日本がつながる


交通系ICカード

 

その理由のひとつ目に、2013年3月から全国各エリアでの相互利用が可能になりました。1枚の交通系ICカードで北は北海道、南は九州まで乗車できます。

 

相互利用ができる全国の交通系ICカード一覧です。

  • Kitaca(キタカ)エリア=JR北海道
  • Suica(スイカ)エリア=札幌(札幌市交通局など)・仙台・新潟・首都圏・JR東日本
  • PASMO(パスモ)エリア=首都圏私鉄地下鉄(東京メトロ・京急など)
  • TOICA(トイカ)エリア=JR東海
  • manaca(マナカ)エリア=名古屋私鉄(名鉄・名古屋市地下鉄など)
  • ICOCA(イコカ)エリア=JR西日本・石川・富山・近畿圏・岡山・広島・山陰・香川
  • PiTaPa(ピタパ)エリア=近畿圏
  • SUGOCA(スゴカ)エリア=宮崎(JR九州)・福岡・佐賀・大分・熊本・長崎・鹿児島
  • nimoca(ニモカ)エリア=宮崎(西鉄など)・福岡・大分・熊本・佐賀・函館
  • はやかけんエリア=福岡市交通局

 

2017年9月からは、JR東海とJR西日本がサービス始めたスマートEXにSuicaを登録すれば、東海道・山陽新幹線の東京~博多間35駅でタッチ&GOでの利用が可能です。

 

ビジネスや旅行など様々なシーンで活用することができてとても便利になりました。

 

TOICAエリアの僕が住む街でもSuicaがあれば電車やバスに乗れちゃってすごく便利。

Apple Payでも使える


アップルペイ

 

ふたつ目に、Apple Payによる決済サービスが始まったことです。

 

Apple Payで使える電子マネーは3つ。

  • Suica
  • QUICPay
  • iD

 

Apple PayでSuicaが使えるようになったのが最も大きな理由にあげられます。その波は僕の周りにもヒシヒシと押し寄せてきているのを感じます。Suicaによる支払いができるお店をよく目にします。

 

小銭を持ち歩かなくても電子マネーによるスマートな支払いができる日は、そう遠くない未来なのではないでしょうか。

 

イオン、ピアゴ、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK、ミニストップをはじめ電子マネーとして使えるお店が全国に広がりをみせています。

 

移動から買い物までができるオールマイティーな電子マネーがSuicaです。

ビューカードからのSuicaチャージがお得


ビューカード

 

ビューカードは、JR東日本の系列会社である株式会社ビューカードが発行するクレジットカードです。

 

プリペイド型の魅力は、クレジットカードによるチャージでポイント還元が得られる点にあります。

 

ビューカードでJR東日本のみどりの窓口や券売機できっぷ、定期券、回数券を買ったり、Suicaへのチャージ、改札を通る時に設定した金額を下回ると自動でSuicaにチャージされるオートチャージ機能など、対象となるサービスを利用することでポイントが通常の3倍になります。

 

残高を気にする必要もなく自動で入金されるSuicaへのオートチャージ機能は、首都圏、仙台、新潟のSuicaエリア・首都圏の私鉄、地下鉄のPASMOエリアでは極めて便利な機能です。

 

親会社であるJR東日本が提供するサービス「Suica」との繋がりが強く、ビューカードからのSuicaチャージでメリットを最大限に活かすことができます。

Apple PayとモバイルSuicaが重宝する

Suica・PASMOエリアに住んでいないとJR東日本のみどりの窓口や券売機を利用することはありません。オートチャージも使えません。

 

では、エリア外の人がチャージによる恩恵を受けるためにはどうすればいいのでしょうか。

 

カード型のSuicaは主に2種類あります。

  • チャージして使うプラスチックカード型のSuica
  • Suica機能付きのビューカード(クレジットカード)

 

カード型のSuicaやSuica機能付きビューカードには下記の方法でチャージできます。

  • オートチャージ機能を使ってチャージ
  • JR乗車券が買える多機能券売機からチャージ
  • 首都圏の主な駅に設置してある駅のATMビューアルッテからチャージ
  • Suicaインターネットサービス(登録無料)からパソリ(RC―S380)、FeliCaポート機能付きのパソコンを使ってチャージ

 

SuicaインターネットサービスからパソリやFeliCaポート機能付きのパソコンを使って、エリア外でもビューカードからSuicaへチャージすることができます。

 

持っていない人は、パソリやFeliCaポート機能付きのパソコンをわざわざ買わなければなりません。

 

この問題を解決してくれたのがApple PayとモバイルSuicaの存在でした。

スマホでもポイント3倍、ポイントはSuicaへチャージ


電子マネーポイント

 

Apple PayやモバイルSuicaにビューカードを登録すれば、場所を選ばずチャージすることができます。

 

貯まったビューサンクスポイントはSuicaにチャージして使いましょう。

 

通常1,000円で2ポイントが3倍の6ポイント貯まります。1ポイント2.5円でSuicaにチャージできるので、1,000円で15円相当のポイントが貯まります。

 

ポイントを再度Suicaにチャージして使えば1,000円で15円のキャッシュバックがあったのと同じことになります。


ビューサンクスポイントの有効期限は2年、400ポイント1,000円でSuicaにチャージすることができます。

 

ポイントをチャージするには、

  • モバイルSuica対応のスマホは、モバイルSuicaの会員登録が必要
  • iPhoneの場合は、Suicaアプリケーションへの登録が必要


ビューサンクスポイントをモバイルSuicaやSuicaアプリケーションにチャージするには、利用明細の確認やポイントの照会などができるビューカードが提供するインターサービス「VIEW's NET」から申し込みます。

Apple PayでSuicaを使う

さあ、キャッシュレス生活の始まりです。SuicaをApple Payに登録して使う方法は2種類あります。アップルペイに登録すればおサイフケータイ同様の使い方ができるので非常に便利です。

プラスチックSuicaカードを持っている人

手持ちのプラスチックSuicaカードをカメラで取り込みWalletアプリケーションの中に登録保管されます。この時、カードを作る時に預けたデポッジ料500円はカード残高と一緒に移行されます。

 

デポッジ料とは、預り金のこと。取り込んだ後のプラスチックSuicaカードは、無効になり再度チャージして使うことはできません。

 

Apple Payは、プラスチックSuicaカードだけでなくカメラから取り込んだビューカードもWalletアプリケーションの中に登録保管することができます。

 

Walletアプリケーションを使えば、取り込まれたビューカードとSuicaを使って簡単にiPhone内でチャージすることができます。

 

ただし、日本国内発行のVISAブランドはWalletアプリケーションを使ってのSuicaへのチャージができません。

 

VISAブランドでもApple Payに登録して実店舗での決済はできますが、ネットショッピングやアプリケーションによる決済ができないので注意が必要です。

 

楽天カードを例にあげてみましょう。楽天カードは3種類の国際ブランドから選ぶことができます。

  • JCB
  • MasterCard
  • VISA

 

楽天カードは、Apple Payに登録するとどの国際ブランドもQUICPayを利用した時の決済用クレジットカードとして使われます。

 

このうち、ネットショッピングやアプリケーションによる決済だけはVISAブランドですることはできません。

 

Apple Payでネットショッピングやアプリケーションによる決済をするには、AmericanExpress・JCB・MasterCardの国際ブランドが必要となります。


アップルペイ

これは、どのクレジットカードにも共通して言えることなので、Apple Payをフル活用するならばVISAブランドは選ばないことです。

プラスチックSuicaカードがない人

プラスチックSuicaカードがなくてもSuicaアプリケーションからカードを新しく発行すればApple PayでSuicaを利用することができます。

 

これからSuicaを使い始める人はSuicaアプリケーションをダウンロードしましょう。入会金、年会費、発行手数料はかかりません

 

Suicaアプリケーションからは、Suicaアプリケーションに登録したビューカードからSuicaへチャージします。

 

VISAブランドにも対応しているのでVISAブランドからのSuicaへのチャージも問題なくできます。

 

WalletアプリケーションもSuicaアプリケーションも登録料と利用料は共に無料。

モバイルSuica対応のスマホでSuicaを使う

スマホでモバイルSuicaアプリをダウンロードして会員登録をすれば利用できます。

 

ビューカードを登録していればどこでもポイント3倍でチャージができます。

 

モバイルSuicaの利用には年会費1,030円(税込)がかかります。

 

これからオススメするビックカメラSuicaビューカードをクレジットカードの登録に使えば当面は無料で利用することができます。

 

この先、有料になることはないんじゃないでしょうか。ここまで無料できて今更です。

実質年会費無料で使えるビックカメラSuicaビューカード


ビックカメラスイカビューカード

 

上の項目でも触れましたが、SuicaにチャージするクレジットカードならビックカメラSuicaビューカードがオススメ。

 

モバイルSuicaの利用料が無料になるだけではなくカード年会費が初年度無料です。

 

2年目以降はカードの利用が1年に1度でもあれば無料、Suicaへのチャージもカウントされます。

 

オートチャージの使えないエリア外の人には、年会費を払ってまで使うということはデメリットでしかありませんよね。

 

Suicaへのチャージも利用対象になるので実質年会費無料で使うことができちゃいます。

 

これはうれしい。

 

これから新規に作る人は、ビックカメラSuicaビューカードのJCBブランド一択。

 

ビックカメラSuicaビューカードのVISAブランドの人は、新たにJCBブランドのカードを発行することもできます。

VIEW’s NETへの登録は必須

VIEW’s NETとは、パソコンや携帯から利用明細の確認やポイントをSuicaにチャージできる登録無料の便利なサービスです。

 

ビューカードが提供するインターネットサービス「VIEW's NET」からWeb明細ポイントサービスを申込めば、明細発行のたびに50円相当のポイントがもらえます。

 

1年間で最大600円相当のポイントがもらえることになります。

 

明細発行するだけで600円もらえるなんてかなりお得感ありますよね。

 

絶対に忘れずに登録しましょう。

Suicaのデメリット

ほぼデメリットは無いに等しいのですが強いて言えば2つあります。

最高残高は2万円まで

最高で20,000円までしか残高としてチャージできないことです。

 

アプリからどこでもチャージできるので、その都度すればさほどデメリットにも感じないんじゃないかなと、個人的な意見です。

 

いやいや、それでも手間がかかるよ、といい人には向いてないです。

エリアをまたいだ利用ができない

例えば、JR東日本エリアの駅で乗車してJR東海エリアの改札口を通ることができません。(*首都圏のSuicaエリアとPASMOエリアと九州のSUGOCAエリアとはやかけんエリアの一部の相互直通区間はエリアをまたがって利用できる)


交通系ICカードエリア

 

もっと自由に移動できたらかなり便利ですよね。とはいっても、他の交通系ICカードも条件は一緒、各エリア内だけでの利用であれば利便性の高いSuica1枚でまとまってしまうことが多いのも事実です。

まとめ

ビックカメラSuicaビューカードは、Suica機能を搭載しているのでカード型のSuicaとして使うこともできます。

 

ビックカメラSuicaビューカードに搭載されているSuicaの残高は、モバイルSuicaとSuicaアプリケーションの残高と共有することができません。

 

ビックカメラSuicaビューカードは、Walletアプリケーションにクレジットカードとして取り込むことはできても、Suicaの部分は取り込むことはできません。

 

Suicaチャージ用クレジットカードして単体で利用することが賢い使い方になります。

 

ちなみに、ビックカメラSuicaビューカードは、QUICPay加盟店でApple Payによる支払いができますよ。

 

以上、現場からともぞうがお届けしました~
おしまい