節約術

エネオス(ENEOS)でガソリンが2円引きENEOSカードSとポイント2倍の楽天カードがお得

ENEOS

「ガソリン代を1円でも安くしたい」車を所有している人にとって大きな悩みですよね?

 

ガソリン代を安くするには「ENEOSカードS」と「楽天カード」が絶対に必要。

 

家計の変動費にあたるガソリン代は工夫して節約できるもの。ガソリン価格によって2枚のクレジットカードを使い分けるのがベストです。

 

「車は毎日乗るものだから少しでも価格を下げたい」や「たまにしか乗らないからコストを抑えたい」など、解決しなければいけない重要な課題です。

 

たった1円されど1円、この1円の差は死活問題で積み重ねれば大きな節約になります。

 

原油価格の変動などを理由にガソリン価格も合わせて変動します。価格が変わるたびに安い店舗を探していてはきりがありません。

 

安いガソリンスタンドを探してわざわざ遠くまで給油しに行くことは、はたしてお得なのか疑問に感じます。

 

結果、ガソリン代と時間の無駄なのです。課題を解決するには、安さと利便性の2つが必要になってきます。

 

仕事帰りに給油していた昭和シェル石油が、職場の異動で遠くなってしまいました。わざわざ遠回りして給油することは、はっきりいってかなりめんどくさいです。

 

「安さ」ばかりではダメ、給油には「ついでに」の要素がなければ長続きしません。

 

「わざわざお得」ではなく「ついでにお得」が重要。

給油の極意を極めた僕が、6つの極意を伝授していきます。1つでも身に付けて帰ってください。

 

  1. ついでにお得になる極意
  2. お得にガソリンを入れる極意
  3. ロードサービスを充実させる極意
  4. 年会費が無料になる極意
  5. 修理代が安くなる極意
  6. カードを使い分ける極意

 

最後までお付き合いくださいね。

 

 

「ついでに」給油できるENEOSサービスステーション

ENEOSサービスステーションは北海道から沖縄まで、店舗数が全国NO.1のガソリンスタンドです。

 

国内トップシェアを誇るENEOSを選ぶことで「ついでに」給油することが実現できます。

 

店舗数が多いと外出先でも簡単に見つけることができて安心です。出掛けついでに手軽に給油ができちゃいます。

 

あなたの自宅や職場の近くには必ずENEOSがあるはずです。「わざわざ」探す必要もないし、足を運ぶ必要もありません。

 

使い勝手の良いENEOSでの支払いは、ENEOSカードSと楽天カードに決まりです。他のクレジットカードに比べお得度が抜け出ています。

 

「ENEOSカードS」と「楽天カード」の使い方を徹底解説していきます。

 

ENEOSカードSのサービス特徴

f:id:mtomozou:20181230060515p:plain

(画像出典:ENEOSカード S(スタンダードタイプ)|TS CUBIC カード

 

「えっ、そんなクレジットカードがあったの」と知らない人のために、ENEOSカードSはどんなカードなのかを解説していきす。

 

【公式サイト】

 

年会費が無料

年1回のカード利用で年会費1,250円(税別)は無料、1度でも給油すれば実質年会費無料で持つことができるということになります。

カード利用金額に応じて最大7円/リットル引きになるENEOSカードCや洗車や給油・オイル交換などで常時3%になるENEOSカードPもありますが、こちらは年会費1,250円(税別)がかかります。

 

みなさんに聞くと、1ヶ月の平均的なガソリン代は1万円~1万5千円程度です。

 

ENEOSカードCやENEOSカードPは、2年目から年会費がかかります。

 

ガソリン代の割引やポイント還元だけで年会費の分元を取ろうとすると、マイカーでかなりの距離を走る人や利用頻度が高い人でなければ至難の業。

 

毎月の移動距離にバラツキがある人やガソリン代が平均的な人は、実質年会費が無料で維持できるENEOSカードSが安心で間違いないでしょう。

 

いつでも・どこでも・ずっと2円/L引き

全国のENEOSでガソリン・軽油をENEOSカードSを使って給油すると2円/リットル引き、灯油は1円/リットル引きで購入することができます。

 

給油量に上限がなく値引きされます。

 

値引きのタイミングは、支払日にカード利用金額が口座引き落としされる際に2円引きされます。

 

貯めたポイントはキャッシュバックがお得

ENEOSでカーメンテ用品を購入すると1,000円(税別)につき20ポイント(ガソリン・軽油・灯油はポイント対象外)、ENEOS以外の利用で1,000円(税込)につき6ポイント貯まります。

 

貯まったポイントは、1,000ポイント1,000円としてENEOS店頭でキャッシュバック(利用代金と相殺)を受けるのが王道なポイントの使い方です。

 

他にも、マイルやTポイント・エネゴリくんグッズ・ギフトカード・レジャー用品などにも交換することができます。

 

もしもの時のENEOSロードサービス

24時間・365日、電話1本で出動してくれるロードサービス特典を一部無料で受けることができます

 

30分~1時間でかけつけてくれるから故障やトラブル時も安心です。

 

ちなみに、ロードサービスで有名なJAFの入会金は1,500円・年会費4,000円かかります。

 

サービス内容の1例をあげると、会員なら15キロまでのけん引は無料・15キロ以上から1キロごとに720円です。

 

サポート項目サポート内容料金
レッカーサポートレッカー車による車のけん引10kmまで無料
路上修理サポートバッテリー上がり時のエンジン起動30分以内は無料
タイヤパンク時のタイヤ交換
落輪・脱輪などの引出作業(落差1m・タイヤ1本まで)
ガス欠時の補給
その他30分までの作業

 

ガソリン系クレジットカードの強み

技術が自慢のプロショップ「カーコンビニ倶楽部」でマイカーのキズ・ヘコミの修理費用が5%割引になります。

 

カーコンビニ倶楽部では、事前見積もりを実施しています。他社と費用の比較ができるから修理前の不安が残りません。

 

ちょっとしたキズやへこみの修理でも、2~5万円かかることもあります。金額が大きいだけに5%割引きはうれしい特典です。

他にも、オリックスレンタカー・レンタカージャパレン・エックスレンタカーで10%割引きの優待特典を受けることができます。

 

必要な時に必要なだけ、シーンに合わせて手軽に借りれるのがレンタカーの良い点です。あると助かる便利な特典です。

 

家族カードとETCカードが無料

地方に住んでいると電車やバスの公共機関より、車での移動がメインになってきます。1人1台で車を所有しているなんていうのは当たり前、生活の必需品です。

 

家族カードもETCカードも無料で発行できるので、1人1枚持っておくといいでしょう。

 

QUICPay・Apple Payも使える

エネオスカードS.ApplePay

QUICPayは、カード・モバイル(おサイフケータイ対応)・キーホルダーのタイプとApple payで使えるチャージ不要の後払い式電子マネーです。

 

支払いは、QUICPayに紐付けられたクレジットカードからの支払いになります。

 

サッとかざすだけで支払いが完了してしまうので、スムーズでストレスフリーな支払いが実現可能です。

 

後払い式のメリットは、なんといっても残高不足の心配がないことです。

 

QUICPayの決済用クレジットカードにENEOSカードSを登録しても、「ガソリン2円/リットル引き」「ENEOSでのポイント還元」も同じように対象となります。

 

もちろん、QUICPayで年1回でも利用すればエネオスカードSの年会費は無料。

 

楽天カードで良いとこ取り

エネオス楽天カード

 

ENEOSカードSは、ENEOS以外の利用ではまったくお得にならないクレジットカードです。まあ、ごくごく普通の一般的なクレジットカードになります。

 

そこで、足りない部分を楽天カードで補います。

 

楽天カードマンで有名な楽天カードは、年会費無料の人気のクレジットカードです。普段から楽天のサービスを利用しているなら迷わずに作ったほうが良いでしょう。

 

ENEOSでは、楽天カードだけでも十分な値引きを受けることができます。

 

楽天カードは年会費が無料

楽天カード会員特典

(画像出典:【誕生日の方へ】メール購読で楽天スーパーポイントプレゼント!

 

楽天カードは、使っても使わなくても年会費が無料です。さらに、使えば使うだけ会員ランクが上がり特典を受けることができます。

 

ダイヤモンド会員の僕は、お誕生日ポイントで700ポイントもらっています。

 

年会費が無料なのに信じられません。

 

楽天カードはガソリンがいつでもポイント2倍

エネオス楽天ポイント加盟店

(画像出典:楽天ポイント加盟サービス)

 

ENEOSは、楽天ポイント加盟店です。

 

楽天カードでガソリンを入れるといつでもポイント2倍です。ガソリンの価格によっては、割引率が高い楽天カードの方が安くなることもあります。

 

ENOSでは2019年7月から特別提携クレジットカードの特典を変更しました。

 

楽天カードはポイント2倍から1.5倍になります。

 

新たにセブンカード・プラスが利用特典の対象になります。

 

【楽天カード変更後】

  • 通常ポイント100円につき1ポイント+提携ポイント200円につき1ポイント

 

【セブンカード・プラス】

  • 200円につき2ポイント(今までの2倍)

 

ガソリンだけでなくカーメンテ用品の購入も1,000円(税込)につき20ポイント貯まります。

 

ポイントの貯まり方は、ENEOSカードSと同じ。

 

ENEOSカードSはENEOS以外の利用では1,000円(税込)につき6ポイントと低目です。

 

楽天カードは、通常の利用で1,000円(税込み)につき10ポイント貯まります。さらに、楽天市場で使えば最低でもポイントが3倍に。

ENEOSカードSは、ENEOS以外で使うメリットが全然見当たりません。

 

楽天スーパーポイントは使いやすい

楽天スーパーポイントは貯めやすいだけではなく、使いやすいポイントでもあります。

 

楽天市場では、ポイントを使って買い物をすることができます。街中のマクドナルドやミスタードーナツ、くら寿司などでもポイントを使うことができます。

 

1ポイント1円として細かく使えるからとっても実用的です。楽天カードは、オンラインでもオフラインでも大活躍。

 

ENEOSカードSで貯まるポイントは1,000ポイント単位からの利用となっていて、使い道もほぼENEOSと限られています。お世辞にも使いやすいとはいえません。

 

楽天スーパーポイントは延長あり

ENEOSカードSで貯まるポイントの有効期限は2年です。

 

楽天スーパーポイントのようにポイントを獲得するたびに有効期限が延長されることはありません。

 

最低利用ポイント数が1,000ポイント単位なので、カードの利用頻度が少ないとポイントが貯まる前に有効期限を迎えてしまいます。

 

楽天スーパーポイントなら有効期限切れによるポイント失効のリスクがありません

 

楽天カードは海外旅行傷害保険が無料でついてくる

楽天カードは年会費が無料だけてなく、海外旅行傷害保険が無料でついてきます。

 

自宅から出発空港までの移動にかかる費用と海外旅行代金を楽天カードで支払っていることを条件に、海外旅行傷害保険が適用されます。

 

補償内容が手厚く海外旅行中にケガや病気をした場合でも安心です。

 

【楽天カード付帯保険】

補償内容保険金額
傷害死亡・後遺傷害最高額2,000万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用200万円(1疾病の限度額)
賠償責任2,000万円(1事故の限度額・免責なし)
携行品損害年間限度額20万円(免責金額3,000円)
救援者費用年間限度額200万円

 

ENEOSカードS(JCBブラント)に限り、JCB海外お買い物保険がついてきます。他、付帯保険なし。

 

【ENEOSカードS付帯保険】

補償内容保険金額
購入した商品の破損・盗難などの損害年間限度額50万円(免責金額1万円)

 

ENEOSカードSと楽天カードはガソリン価格で使い分ける

ENEOSカードSのガソリン価格はほとんどの店舗で最安値の会員価格を設定しています。

 

2円/リットル引きの条件は、「ガソリンスタンドからカード会社に届いた売上から2円引き」という決まりになっています。最安値からさらに2円/リットル引きです。ENEOSカードSがぶっちぎりで安くなります

 

ガソリンスタンドによっては会員価格になっていなかったり、楽天カードの価格設定と同じだったりする場合があります。ENEOSカードSと楽天カードの価格が同じ場合は割引率の高い楽天カードが有利です。

 

ガソリン価格の確認

ガソリンの価格設定は店舗によって違うためちょっと複雑です。

 

ガソリンスタンドでは、一般消費者向けの価格とは別に会員価格が設定されています。

 

1~4円安い会員価格が適用されるかが節約の大事なポイントです。

利用しようとするでの「ENEOSカードS払いで適用される価格」と「楽天カード払いで適用される価格」を確認しましょう。

 

ガソリン価格を比較する時の注意点

楽天スーパーポイントは、100円(税込)につき1ポイントが貯まります。1ヵ月の利用金額の合計に対して付与されます。

 

たとえば

 

143円/リットルのガソリンを20リットル入れたとします。

 

143円/リットル✕20リットル=2,860円

 

ポイントの対象となる金額は2,800円の部分、60円の端数は切り捨てです。

 

2,800円✕2%=56ポイント

 

1ポイント1円で使えるので、56円引きになります。

 

次に、ENEOSカードSです。1リットル2円引きするだけ。

 

20リットル✕2円=40円

 

40円引きになります。

 

ガソリンはENEOSカードSがお得

ランダムに10件選んでエネオスの価格を調査してみました。

ENEOSカードSはすべての店舗で会員価格が適用されていましたが、楽天カードは店舗によって割引価格が設定されていたり、いなかったりとまちまちでした。

 

月平均100リットルのレギュラーガソリンを入れている我が家のケースを想定して、どっちがお得か計算してみた結果です。

 

ENEOS店舗ENEOSカードS楽天カード一般価格100L給油した時の差
A145146147ENEOSカードSが8円安い
B140143143ENEOSカードSが214円安い
C145147147ENEOSカードSが106円安い
D140143143ENEOSカードSが214円安い
E140141142ENEOSカードSが18円安い
F141143145楽天カードが86円安い
G141144145ENEOSカードSが12円安い
H142145145ENEOSカードSが10円安い
I141141141同じ
J139142142ENEOSカードSが16円安い

 

ENEOSカードSで100リットルのガソリンを入れた場合、1リットルあたり最大2.14円もお得です。年間2,568円もの節約になります。年間にすると無視できない金額です。

 

Tカードとの併用はできない

Tカードと併用できないクレジットカード

(画像出典:Tカードと併用できないカード|Tカード|JXTGエネルギー

 

ENEOSでは、給油前にTカードを読み込ませることで現金やクレジットカード払いでTポイントが200円につき1ポイント貯まります。ENEOSカードSも楽天カードもTカードとの併用ができません。

 

普段からTポイントを貯めている人には残念なお知らせ。

 

まとめ

ガソリン価格や用途によってENEOSカードSと楽天カードをうまく使い分けましょう。

 

いいとこどりして足りない部分を補い合えば単体で得られる以上の効果を得ることができます

 

これ以上、手持ちのカードを増やしたくないのであれば、クレジットカードとしての総合力が高い楽天カード1枚という選択もあります。

 

あなたはにピッタリのガソリンカードを選んでください。

 

【楽天カードが必要な人】

  • 楽天グループのサービスをよく利用する
  • これ以上カードを増やしたくない
  • 給油するENEOSの価格がエネオスカードSとさほど変わらない
  • 付帯保険がほしい
  • ガソリン価格の比較計算がめんどう
  • カードを増やしたくない

 

【ENEOSカードSが必要な人】

  • とにかくガソリン代を安くしたい
  • カードが増えてもかまわない
  • 無料のロードサービスがほしい
  • 無料でETCカードがほしい

ENEOSカードSはENEOSでガソリン代が2円/リットル引き、無料で受けることができるENEOSロードサービスはあなたを安心サポート、外出先では心強い味方です。

 

実質年会費が無料になるENEOSカードSはとりあえずでも所持する価値は充分にあります

 

 【公式サイト】JX日鉱日石エネルギー  

 

現場から、ともぞうがお届けしました~

おしまいっ

こんな記事もおすすめ