節約術

イオンのポイントをわかりやすく解説|WAONポイントとWAON POINTの違いがわかる

イオンのポイント

イオンのポイントがわかりずらいと思いませんか?

 

「イオンのポイントが貯まるカード」「イオンで貯まるポイント」をまとめると以下の通りです。

 

▼イオンのポイントが貯まるカード3枚

  • イオンカード(クレジットカード)
  • 電子マネーWAONカード
  • WAON POINTカード

 

▼イオンで貯まるポイント3種類

  • ときめきポイント
  • WAON POINT
  • 電子マネーWAONポイント

 

カードが3枚にポイントが3種類あります。

 

使うカードや利用状況によって、3種類のポイントが貯まるので少々ややこしくなっています。

 

とくに、WAON POINTと電子マネーWAONポイントの違いがわかりずらいです。

 

パッと見て、「電子マネー」と頭についていること、「POINT」と「ポイント」の違いだけです。

 

「これって同じじゃないの?」と誰もが疑問に感じます。

 

その疑問を解決すべく、めちゃくちゃ調べまくりました。

 

見た目の違いだけでなく、貯めると使うの違いに注目です。

 

イオンのポイントをわかりやすく違いや特徴を解説していきます。

 

最後までお付き合いくださいね。

 

 

イオンのポイントざっくりした概要

▼ときめきポイント

  • イオンカードでクレジット決済した時に貯まるポイント

 

▼WAON POINT

  • WAON POINT加盟店で電子マネーWAONで支払った時に貯まるポイント
  • WAON POINT加盟店でWAON POINTカードを提示して現金などで支払った時に貯まるポイント

 

▼電子マネーWAONポイント

  • WAON POINT未加盟店で電子マネーWAONで支払った時に貯まるポイント

 

(※電子マネーWAONポイントは、WAONポイントとも呼ばれることがあります。)

 

貯めたWAON POINTを使うには会員登録が必要です。支払い方法とWAON POINT加盟店との関係をまとめると以下の通りです。

 

支払い方法WAON POINT加盟店WAON POINT未加盟店
イオンカードのクレジットときめきポイントときめきポイント
イオンカード搭載のWAONWAON POINT電子マネーWAONポイント
電子マネーWAONカードWAON POINT電子マネーWAONポイント
WAON POINTカードの提示WAON POINT電子マネーWAONポイント

 

WAON POINT加盟店未加盟店かで貯まるポイントが違ってきます。

 

  • WAON POINT加盟店で電子マネーWAONの支払いで貯まるのがWAON POINT
  • WAON POINT未加盟で電子マネーWAONの支払いで貯まるのが電子マネーWAONポイント

 

それぞれのポイントの詳細を解説していきます。

 

ときめきポイント

▼ときめきポイントを貯める

  • イオンカードに記載されている国際ブランド加盟店での支払い

 

▼基本ポイント

  • 200円(税込)につき1ときめきポイントが貯まる

 

▼ときめきポイントが貯まるカード

  • イオンカード

 

▼決済方法

  • イオンカードでのクレジット払い

 

▼ポイントの価値

  • 1ときめきポイントは1WAON POINT相当

 

▼ときめきポイントを使う

  • カタログ商品
  • 商品券
  • 電子マネーWAONポイント・WAON POINT・dポイント・JALマイレージへ交換
  • 対象のネットショップでのお買い物

 

ときめきポイントは、電子マネーWAONポイントに1度交換してからWAONにポイントチャージする必要があります。

 

ときめきポイントから電子マネーWAONポイントへの交換は、暮らしのマネーサイトMyPage・テレホンアンサー・イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」から手続きをします。

 

ときめきポイントは1,000ポイントから500ポイント単位で交換することができて、交換後、WAONステーションやイオン銀行ATMですぐに受け取ることが可能。

 

受け取り後、電子マネーWAONにポイントチャージします。

 

WAON POINT

▼WAON POINTを貯める

  • イオングループ各店
  • WAON POINT加盟店

 

▼基本ポイント

  • 200円(税込)につき1WAON POINTが貯まる

 

▼WAON POINTが貯まるカード

  • イオンカード
  • WAON POINTカード
  • 電子マネーWAONカード

 

▼決済方法

  • イオンカードを提示して現金や商品券などでの支払い
  • 電子マネーWAONでの支払い(イオンカード搭載のWAON、WAONカード)
  • WAON POINTカードを提示して現金やクレジットカード、電子マネー、商品券、イオンギフトカードでの支払い

 

▼ポイントの価値

  • 1WAON POINTは1円相当

 

▼WAON POINTを使う

  • イオングループ各店、WAON POINT加盟店でのお買い物
  • 電子マネーWAONポイントに交換後、電子マネーWAONへポイントチャージ
  • 景品への交換
  • 景品応募
  • 家族でポイントシェア
  • 友人へのポイントプレゼント
  • ネットショップ(イオンスクエア)でのお買い物

 

2019年7月からイオンの一部店舗ではWAON会員登録すると「いつでも基本のポイント2倍」で貯まります。

 

事前に「電子マネーWAON会員(所有者情報登録)」もしくは、「WAON POINT会員」の会員登録をした電子マネーWAONの支払いが対象です。

 

WAON POINTは、1つのポイントを幅広い店舗で利用することができるイオンが提供する共通ポイントサービスです。

 

全国のイオングループ各店、WAON POINT加盟店でお買い物ポイントとして1ポイントを1円から利用することができます。

 

その他にも、電子マネーWAONや景品への交換、家族でシェアしたり友達へのポイントプレゼントと使い道が多彩です。

 

イオングループを利用する人にとって、イオンの共通ポイントサービスの利点をフルに活用できる大きなメリットがあります。

 

電子マネーWAONポイント

▼電子マネーWAONポイントを貯める

  • WAON POINT未加盟店
  • 電子マネーWAON加盟店

 

▼基本ポイント

  • 200円(税込)につき1電子マネーWAONポイントが貯まる

 

▼電子マネーWAONポイントが貯まるカード

  • イオンカード
  • 電子マネーWAONカード

 

▼決済方法

  • 電子マネーWAONでの支払い

 

▼ポイントの価値

  • 1電子マネーWAONポイントは1円相当

 

▼電子マネーWAONポイントを使う

  • 電子マネーWAONへポイントチャージ(電子マネーWAONポイントはWAON POIへの交換・移行はできません)

 

電子マネーWAONポイントは、1電子マネーWAONポイントを1円分のWAONにポイントチャージして電子マネーWAONとして利用することができます。

 

WAON POINTと比べ使い道が限定されるますが、WAON POINT加盟店以外でもイオングループのポイントが貯まります。

 

イオングループを利用する人にとって、ポイントの取りこぼしがないことが大きなメリットです。

 

WAON POINTをお得に貯める

WAON POINTが貯まるカード

  • イオンカード
  • 電子マネーWAONカード
  • WAON POINTカード

 

電子マネーWAON会員(所有者情報)に登録することで、WAON POINT会員サービスの「月間ご利用ポイント」の特典を受けることができます。

 

月間累計利用金額500円(税込)ごとに1ポイント付与の特典は2019年6月30日で終了しました。

 

WAON POINT加盟店での利用を対象に、電子マネーWAONの月間利用合計額500円(税込)につき1WAON POINTが貯まります。

 

月間ご利用ポイント特典があるカード

  • イオンカード
  • 電子マネーWAONカード

 

電子マネーWAON会員(所有者情報)に登録すると紛失や盗難の被害にあった時、WAON利用停止時の残高補償を受けることができるので必ず登録しておきましょう。

 

イオンカード(WAON一体型)・イオン銀行キャッシュカード・イオンカードセレクト・モバイルWAONは、入会と同時に電子マネーWAON会員(所有者情報)に自動的に登録されます。

 

イオンカード・電子マネーWAONカード・WAON POINTカードは、smart WAONウェブサイトに登録することで、ポイント履歴確認やウェブサービスを利用できるようになりより便利に利用することできます。

 

WAON POINTカードがおすすめ

イオンカードや電子マネーWAONカードを持ってないけど、イオングループを利用する人におすすめなのがWAON POINTカードです。

 

おすすめの理由

  • クレジットカードが増えない
  • 無料で持てる

 

イオンカードにはWAON POINTカード機能が自動で付帯されているので、WAON POINTカードのように1ポイントからレジでの支払いに使うことができます。

 

しかし、クレジットカードを増やしたくない人や持ちたくない人には向いていません。

 

電子マネーWAONカードを選ぶかというと、発行手数料の300円(税込)がネックです。

 

何より、電子マネーWAONカードではイオンカードやWAON POINTカードのようにレジでWAON POINTを1ポイント単位で使った支払いができません。

 

電子マネーWAONカードでWAON POINTを使うには、電子マネーWAONにポイントチャージしてから使う必要があります。

 

わざわざ手間を惜しんでチャージして使うことは、共通ポイントサービス最大のメリットである「幅広い加盟店で手軽に使える」というせっかくのメリットも台無しです。

 

毎日の食料品や日用雑貨など、イオングループで買い物が決まっているのならWAON POINTカードがおすすめ。

 

WAON POINTで払ってもポイント貯まる

例えば、1,000円の買い物をして500WAON POINTと500円を現金払いした場合でも、1,000円に対してWAON POINTが付与されます。

 

ポイントで払ってもポイントが貯まるから、もったいぶらず気兼ねなくガンガン使うことができます。

 

そして、また貯まるという良い流れを作ることができます。

 

まとめ

イオンのポイントの違いや特徴を解説してきました。

 

なんとなく貯めるより、違いや特徴を意識することで節約そのものが楽しいものになってきます。

 

「違いや特徴がわかる=自分で貯めている」という実感が持てるからです。

 

家計改善のために必要な1枚、生活に密着した特典が多く節約に大きく貢献するのがイオンカードセレクトです。

 

イオン銀行からカード搭載のWAONチャージとチャージしたWAONの利用で、ポイント2重取りができるイオンカードの中でもお得なカードです。

 

お得なキャンペーン実施中!

 

【公式サイト】

 

現場から、ともぞうがお届けしました~

おしまいっ

キャンプ専門サイト
キャンプ GO!

キャンプに役立つ情報を発信中!

 

こんな記事もおすすめ