節約術

LINE Payのサービスで何できる?初心者でもわかる基礎知識・特徴まとめ

LINE Payを利用してみたいけど、決済やチャージの方法は?クレジットカードの登録は必要なの?うーん、 いまいち使い方がわからない。

 

何ができるのか全体がとても見えにくいように感じます。どれだけ便利になって、どんなメリット・デメリットがあるのかわからないとなかなか利用したいと思いませんよね。

 

LINE Payに「今」できることをわかりやすくまとめました。

 

イメージさえつかめれば、生活シーンの中に取り入れていくだけ。あなただけの使い方を見つけるお手伝いができることを嬉しく思います。

最後までお付き合いくださいね。

LINE Payにできる6つなこと

LINE Payとは、LINEの友達同士でお金の送金や受取りができたり、チャージ(入金)したお金で支払いをキャシュレスですることができるLINEアプリの中にある機能のひとつです。

 

LINEアプリをダウンロードすれば、入会金・年会費無料で誰でも簡単に始めることができます。

 

【イメージ(図)】

LINE Pay

 

  1. 【LINE Payにチャージ(入金)】LINE Payにチャージ(入金)した金額はLINE Payに残高として蓄えられます
  2. 【LINE Pay残高を使っての支払い】蓄えられた残高を使って、その時の自分に合った最適な支払い方法を選ぶことができます
  3. 【LINE Payに登録したクレジットカード/デビットカードを使っての支払い】LINE Pay残高以外からの支払い方法です
  4. 【お金を送る】「送金」機能を使ってLINEの友達にお金を送ることができます
  5. 【お金の集金・回収】「送金依頼・割り勘」機能を使ってLINEの友達にお金を請求することができます
  6. 【出金】LINE Pay残高を現金化することができます

LINE Payにチャージ(入金)

チャージ方法は4種類あって、どの方法も手数料はかかりません。

登録した銀行口座でチャージ

銀行口座を登録するとスマートフォンから「いつでもどこからでも」チャージができる1番便利で手軽な方法

 

  • 銀行口座を登録と同時に本人確認も完了する
  • 残高が少なくなると、自動でチャージしてくれるオートチャージ機能が使えて残高不足の心配がない
  • 基本的にいつでもチャージ可能(銀行の定期メンテナンス等一部不可能な時間帯あり)

LINE Payカードを使ってレジでチャージ

レジで店員さんにLINE Payカードを渡してチャージする方法

 

  • ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100のレジでチャージ(1回につき1円単位で1,000円以上49,000円以下まで24時間いつでもチャージ可能)
  • アインズ、AINZ&TULPE、LIPS&HIPSのLINE Payに対応した店舗のレジでチャージ(1回につき1円単位で1円以上49,000円以下まで営業時間内でチャージ可能)
  • LINE Payカードを渡す前のスマホ操作が手間
  • レジが混んでいたら最悪

セブン銀行ATMでチャージ

セブン-イレブン店内にあるセブン銀行ATMを使ってチャージする方法

 

  • チャージ方法は、LINE Payのチャージボタンからセブン銀行ATMを選びバーコードリーダーを表示させ、セブン銀行ATM画面上のコードをスマホで読み取ってチャージする方法とLINE Payカードをセブン銀行ATMに差し込んでチャージする方法の2種類
  • 24時間いつでもチャージが可能
  • コードをスマホで読み取る方法の場合、セブン銀行ATMやスマホの操作、入力が手間
  • チャージ(入金)は、1,000円単位で1,000円以上から

コンビニ(ファミリーマート)でチャージ

ファミリーマート店内にあるFamiポートを
使ってチャージする方法

 

  • チャージ方法は、Famiポートで必要な手続きをして出てきたレシートをレジに持って行ってチャージ
  • レジが混んでいたら最悪
  • レシートを出すまでの手続きが手間
  • 24時間いつでもチャージが可能

QRコードとバーコードでチャージ

「LINE Payにチャージ」のお願いを店員さんに伝え、スマホ画面にバーコードを表示させてチャージする方法

 

  • AINZ&TULPE、LIPS & HIPS、アインズのレジでコードを使ってチャージ(1回につき1円単位で1円以上49,000円以下まで営業時間内でチャージ可能)
  • レジ前でのスマホ操作が手間
  • レジが混んでいたら最悪

LINE Payで払う

LINE Payにチャージ(入金)した残高を使って払う方法が4種類とLINE Payに登録したクレジットカード/デビットカードで払う方法があります。

 

決済手段LINE Pay残高
LINE Payカード使う
QRコード/バーコード使う
オンライン使う
請求書支払い使う
登録したクレジットカード/デビットカード使わない

LINE Payカード払い

事前にチャージ(入金)して使うチャージ式プリペイドカードを渡して支払完了

 

  • コンビニやスーパー、ドラッグストアなど、世界約3,300万店のJCB加盟店で使える
  • JCBは日本で生まれたクレジットカード会社で、国内に加盟店が多く安心して利用できる
  • クレジットカードの機能がないため18歳以下でも年齢制限無くもてる
  • 使った分だけLINE Payにチャージした残高から支払われる
  • 分割払いはできず、1回払いのみ
  • 支払いは「クレジットカードで」または、「JCBカードで」と伝えカードを渡す
  • Amazonやメルカリなど、ネットショッピングでもクレジットカード払い(JCBを選択)として使えます。支払い回数は必ず1回払で16ケタのカード番号と有効期限、必要であればカード裏側のセキュリティー番号を入力して支払完了
  • 発行手数料・年会費は無料
  • 1人1枚まで
  • 登録完了後、約1~2週間で手元に届く
  • 盗難や紛失した場合は、LINE PayメニューからLINE Payカードの利用停止が簡単にできる

QRコード/バーコードで払う

QRコード/バーコードを使って支払完了

 

  • LINE Pay加盟店のレジでスマホ画面に表示させたコードを読み取ってもらう方法と店舗側で提示されたコードをスマホで読み取る方法の2種類
  • 使った分だけLINE Payにチャージした残高から支払われる
  • LINEポイントを使いたい場合は「LINE Points」をオンにすると、1ポイント=1円でポイントが優先的に利用される。ポイントを使って足りない分は、LINE Pay残高から引き落とされる
  • 支払いの時は「LINE Payで」と伝える

 

【QRコード/バーコード決済ができるLINE Pay加盟店】*2018年08/26現在

ジャンルLINE Pay加盟店
グルメ

白木屋、魚民、笑笑、千年の宴、お初天神ハイボールバー、楽蔵(四条河原町店)、鮮や一夜(四条河原町店)、金の蔵、アカマル屋、月の雫、バリバリ鶏、吉今、万里、東方見聞録、壁の穴、パスタママ、山内農場、丹波黒どり農場、目利きの銀次、横浜魚萬、坐・和民、和民、ミライザカ、TEXMEX FACTORY(渋谷神南店)、はなの舞、さかなや道場、薩摩魚鮮、魚鮮水産、豊丸水産、炭火やきとり・さくら、軍鶏農場

ビューティーリップス&ヒップス
ショッピング

ローソン、ローソンストア100、ナチュラルローソン、大賀薬局、阪急百貨店、阪神百貨店、千歳アウトレットモール・レラ、ラコステ、ジョーシン、ゲオ、セカンドストリート、アクアシティお台場、ココカラファイン、LOFT、ツルハドラッグ、ドラックストアウェルネス、くすりの福太郎、ウォンツ、くすりのレディ、メガネスーパー

レジャー釣具のポイント
エンタメビックエコー、ジャンボカラオケ広場
その他MIXMAX、クリーニング専科、ゲオモバイル

(参照元:LINE Pay公式サイト

 

【追記】

2018年12月4日よりファミリーマート全店舗でLINE Payコードによる支払いができるようになりました。

 

2018年12月17日よりミニストップ全店舗でLINE Payコードによる支払いができるようになりました。

オンラインで払う

ネットショッピングでLINE Pay加盟店なら決済画面でLINE Payを選択して支払完了

  • 使った分だけLINE Payにチャージした残高から支払われる
  • LINE Payにチャージした残高を使って支払いができるため、毎回クレジットカード情報を入力する必要がない

 

【オンライン決済いができるLINE Pay加盟店】*2018年08/26現在

ジャンルLINE Pay加盟店
ショッピングZOZOTOWN、HMV ONLINE、
SHOPLIST.com、[. ST]、haco、FOREVER21、新ラクマ(旧フリル)、GDO| HOT PRICE
グルメ出前館
その他まんが王国、ハイブリッド型総合書「honto」、LINE STORE、ソク読み

(参照元:LINE Pay公式サイト

LINE Pay請求書支払い

請求書のバーコードを使えば窓口まで行かずいつでもどこでも支払完了

  • LINE Payの請求書支払いからバーコードリーダーを表示させ、公共料金や通販などの請求書に印刷されたバーコードを読み取る
  • 使った分だけLINE Payにチャージした残高から支払われる
  • 今後、LINEポイントを支払時に利用可能となる予定

 

【請求書支払いができるLINE Pay加盟店】*2018年08/26現在

ジャンルLINE Pay加盟店
電気東京電力エナジーパートナー、九州電力株式会社
水道神奈川県企業庁、阿久根市 水道課
ビューティー

株式会社 愛しとーと、株式会社ヴェントゥーノ、株式会社 健康家族、Koh Gen Do(こうげんどう)、Coyori、マキアレイベル、ティーライフ株式会社、

BRIGHTAGE(ブライトエイジ)、RICE FORCE(ライスフォース)、株式会社長寿の里

その他 エルズサポート株式会社

(参照元:LINE Pay公式サイト

LINE Payに登録したクレジットカード/デビットカード

LINE Payに登録したクレジットカード/デビットカードを選択して支払完了

 

  • LINE Payにできるもう1つの支払方法
  • LINE Pay残高が0円でも登録したクレジットカード/デビットカードで支払うことができる
  • 毎回、クレジットカード/デビットカードの情報を入力する必要がなく、LINEポイントの対象になるのがメリット

LINE Payに登録できるクレジットカードはVISA・Master Card・JCBです。LINE Pay カードは登録できません。

 

2018/06/27より、「American Express」と「Diners」の新規登録は終了しています。

 

登録したクレジットカード/デビットカードは、オンラインでのLINE Pay決済のみに対応した支払いで利用可能です。

 

【LINE Pay決済3つの定義】

  1. LINEアプリのLINE Payメニューを操作して行なった決済
  2. QRコードなどのコード決済
  3. 請求書支払い

 

QRコードの決済が登録したクレジットカードでもできるなら事前にチャージしなくてもいいよね、とはいかず残念ながらコード決済には対応していません。

 

具体的に何ができるかというと、LINE STORE、LINE@、LINEデリマ、LINEモバイル、LINE FRIENDS STORE ONLINE、LINEトーク占いなどのネットショッピングで、LINE Pay決済に対応した店舗での支払いや請求書支払いです。

 

請求書支払いについては、発行先によって利用できない場合もあります。

LINEポイントが貯まる「マイカラー」プログラム

LINE Payで貯まるポイントは、LINEポイントです。

 

LINE Payのサービスを利用するほどポイントが貯まる仕組みで「マイカラー」と呼ばれています。

 

LINE MoneyでもLINE Cashでも、誰でも無条件にホワイトカラーになることができて、利用金額と送金の回数でバッジのカラーがランクアップしていきます。

 

バッジカラーは前月1日~月末まで1ヶ月の期間を対象に、どれだけ利用したかで毎月1日に確定します。

 

利用金額と送金回数の条件を、両方達成することでカラーがランクアップしていきます。ポイントが付与される1ヶ月の支払い合計金額は、最大100万円まで。

 

【追記】2018年10月より送金回数の条件が撤廃され、より使いやすいく進化します。良いお知らせ。

 

LINE Payの残高と登録したクレジットカード/デビットカードを利用した支払いが対象になります。

 

【LINE Layマイカラープログラム】

カラー1ヶ月の実績ポイント付与率
 グリーン10万円/月+月間5人以上のユーザーへ送金2% 
 ブルー5万円~9万9,999円/月+月間3人以上のユーザーへ送金1%
 レッド1万円~4万9,999円/月+月間1人以上のユーザーへ送金 0.8%
 ホワイト0円~9,999円/月0.5%

 

2018年8月1日~2019年7月31日の1年間は、期間限定でQRコード/バーコード支払いを利用した場合には、「マイカラー」で決まったポイント付与率に3%を上乗せされます。

 

【LINE Lay QRコード/バーコード決済マイカラープログラム】

カラー1ヶ月の実績ポイント付与率
 グリーン 10万円/月+月間5人以上のユーザーへ送金 5%
 ブルー 5万円~9万9,999円/月+月間3人以上のユーザーへ送金 4%
 レッド 1万円~4万9,999円/月+月間1人以上のユーザーへ送金  3.8%
 ホワイト 0円~9,999円/月 3.5%

LINE Payポイントの使い道

ポイントの有効期限は最後にポイントを取得してから180日で、取得と同時に貯まっているポイントの有効期限も180日になります。

 

LINEポイントは、LINE Pay残高、Pontaポイント、Amazonギフト券、nanacoポイントなどに交換して使うことができます。

 

同じ価値で交換できるLINE Pay残高が最も良い使い方です。

 

【LINEポイントの交換先一例】

交換先LINEポイント交換後の価値
LINE Pay残高11円
nanacoポイント300270nanacoポイント
Amazonギフト券550500円分
Pontaポイント300270Pontaポイント
JALマイル300100マイル
スタバeギフト500500円分

LINE Moneyが便利でお得

LINE CashとLINE Moneyでは、LINE Payを使ってできることが大きく異なります。

 

LINE Payを便利でお得に使うには、その違いを理解しておく必要があります。

 

LINE Payに登録しただけだと、LINE Payにチャージしたお金はLINE Cashとしての扱いになります。

 

LINE Cashの状態から銀行口座を登録して本人確認することで、LINE Payにチャージしたお金はLINE Moneyとしての扱いになります。

 

【LINE CashとLINE Money】

  • LINE Cash→LINE Payに登録
  • LINE Money→LINE Payに登録+本人確認

 

LINE CashでもLINE Payの残高で支払う決済機能やお金を回収・集金する送金依頼、割り勘での費用請求依頼の機能を使うことができます。

 

LINE Cashで使えない機能は、お金を送る送金とLINE Payの残高を銀行口座を使って現金化する出金が使えません。

 

【LINE Cashで使えない機能】

  • LINEの友達にお金を送る送金機能
  • LINE Pay残高の現金化する出金機能

LINE Cashで使えない機能を使うには、本人確認をしてLINE Moneyへの切り替えが必要です。

 

LINE Moneyに切り替わることで、LINE Pay残高へのチャージや利用上限額などがアップします。

【残高上限】

LINE Pay残高LINE CashLINE Money
上限100,000円1,000,000円

 

 【LINE Pay残高へのチャージ】

チャージLINE CashLINE Money
LINE Payカード1,000~49,000円/1回1,000~49,000円/1回
セブン銀行ATM1,000~100,000円/1回1,000~500,000円/1回
QRコード/バーコード1,000~49,000円/1回1,000~49,000円/1回
コンビニ(ファミリーマート)1,000~100,000円/1回1,000~299,000円/1回
銀行口座チャージできない100~100,000円/1日

 

【利用上限額】

決済LINE CashLINE Money
LINE Payカード以外1~100,000円/1回1~1,000,000円/1回
LINE Payカード1~100,000円/1回・1ヵ月1~1,000,000円/1回

LINE Payの便利な機能

LINE Moneyに切り替えることでLINE Cashよりも利用できる機能に幅がでてきます。各機能を紹介します。

送金

LINEの友達にお金を送る機能です。

 

借りたお金や立て替えてもらったお金など、お金を渡しに行く時間のコストを削減できます。

 

今まで銀行口座を通して行っていたことも全国規模で手数料無料で行えます。

 

送金LINE CashLINE Money
LINEの友達へ送金できない1~100,000円/1日

送金依頼

お金を送ってね、と相手にお願いする機能です。

 

とりあえず立て替えておいたお金や金額がわかったら後日集金する時などに役立ちます。手数料無料で行うことができます。

割り勘

LINEの友達から参加メンバーを選んで、合計金額から1人あたりの費用を自動で計算して請求、請求された側はLINE Payを使って送金することができる機能です。

 

1人1人におつりを渡さなくていいから幹事さん大助かり。おつりの渡し忘れやもらい忘れの心配なく楽しめます。

出金

LINE Pay残高を指定した銀行口座に移動させ、現金として引き出すことができる画期的なサービスです。

 

基本、他社の電子マネーは残高を現金として引き出すことができません。LINE Payだとそれができちゃうのがスゴいの一言です。

 

出金手続きは銀行窓口の営業時間内に限られ、出金手続きから銀行口座へすぐに反映されない場合があります。

 

銀行口座から引き出す手数料は216円(税込)かかるのが唯一のデメリット。

 

時間を気にせず取引したいのなら、セブン銀行ATMからも出金することができます。引き出し手数料が216円(税込)かかります。 

 

セブン銀行の口座を持っていなくても可能で、セブン銀行ATM画面上のコードをスマホで読み取とる方法とLINE Payカードをセブン銀行ATMに差し込む方法の2種類があります。

 

LINE Pay カードでの出金には暗証番号の設定が必要になります。

 

【セブン銀行ATMで出金】

  • 出金は1,000円単位
  • 最低出金金額は1,000円から
  • 一日の出金限度額は10,000円

 

出金LINE CashLINE Money
セブン銀行ATM出金できない1,000~10,000円/1日
銀行口座出金できない1~100,000円/1日

安心のセキュリティー

LINE Payの起動、決済、送金などの利用時には、パスワードの入力が必ず必要です。自分以外の悪意ある他人に使われる心配はありません。

 

送金や決済などの際には、クレジットカードや銀行口座の情報は暗号化されるので、相手側に伝わることなく安心して利用することができます。

 

24時間365日の監視体制で、不正行為や不正利用で損害が発生する前に防止してくれます。

もしもの時の補償

第三者による不正行為や不正利用された場合、送金・決済・出金のすべてでLINE Pay社が補償してくれます。

 

  • 被害者に責任がある場合は補償の対象外
  • 不正行為や不正利用されたことをLINE Pay社に連絡した日を含めて31日前までの損害を補償
  • 不正行為や不正利用が発生してから、30日以内に連絡
  • 補償限度額/1件あたり原則10万円
  • LINE Moneyアカウントの不正行為や不正利用などで失った金額が10万円を超える場合、利用具合や警察の調べを元に補償限度額の上限を上げるか判断

補償内容にちょっと不安

不正使用補償サービスの補償限度額はいくらですか?

 

1事故(一事由または同一原因による一連の事由により発生した損害)
あたりの補償限度額は原則10万円となります。

但し、LINE Moneyアカウントの場合、対象となる損害額が10万円を超過する
場合は、ご利用状況や警察による捜査結果などを踏まえ、補償限度額の引き上げを個別に検討させていただきます。

(引用元:LINE Payヘルプセンター)

 

クレジットカードの補償期間の対象は60日以内ですが、LINE Payは半分の30日です。

 

補償金額も10万円とクレジットカードに比べ少なく設定されています。

 

10万円を超える部分は100%補償されるわけではなさそうなので、少額決済の利用に限った使い方がよさそうです。

メリット

iPhoneでもAndroid使える

基本、どんなスマホでもLINEアプリをダウンロードすれば機種やキャリアを関係なしに使うことができます。

 

Apple Payやおサイフケータイのように機種に依存しないのは大きなメリットのひとつです。初めに利用手続きをすれば誰でも簡単に始められます。

銀行口座からのチャージが便利

対応銀行が多く、時間と場所を選ばない銀行口座からのチャージが利便性に優れています。

 

LINE Payをメインとして使っていくなら銀行口座からのチャージ方法が王道です。

 

残高不足の心配がないオートチャージ機能を使えるのは、銀行口座からのチャージだけです。

ほぼクレジットカードど同じ

LINE Payカードは、事前にチャージさえすればJCBブランドのクレジットカードと同じ使い方ができます。この点は高く評価するべきところです。

 

それでいて、クレジットカードと違いチャージした金額から支払われるので使い過ぎず安心です。

デメリット

出金手数料がかかる

LINE Pay残高の現金化で出金手数料を取られるのが最大のデメリットです。

 

現金化は、今までの電子マネーの常識を変えるスゴいことです。

 

手数料のことを考えると気軽に使うことができません。だったら銀行口座から引出しても同じだし、と思っちゃいます。

 

余程のことがない限りLINE Pay残高として使った方が損はありません。

 

手数料が無料になれば、他の電子マネーより使い勝手が良くなります。これから手数料無料になることに期待したいと思います。

QRコード決済できる対応店舗が少ない

コード決済のポイント付与率が期間限定で1年間+3%です。下位ランクのホワイトカラーでも3.5%のポイントが貯まります。

 

狙って貯めればポイント取り放題状態なのですが、コード決済の対応店舗がまだまだ少ないので+3%の恩恵をなかなか受けることができないのが現実。

 

これから対応店舗が増えることに期待したいと思います。

「マイカラー」ランクアップのハードルが高い

LINE Payは知っているけど、実際にLINE Payを使っている人が周りにほとんどいません。

 

送金することがないので、いつまでたってもホワイトカラーのままです。

 

LINE Payを使っている人が限定的で、送金が条件なのがハードル高すぎ。これから普及していくことに期待したいと思います。

サービス・ルールの変更がよくある

サービスやルールがよく変わります。「えっ!?いつの間に」の浦島太郎状態です。

 

新しい情報と古い情報とが入り乱れて変更点が非常にわかりにくく、安定しないので使いにくいです。

 

最新の情報がわかりやすくなること、安定した使い方ができることに期待したいと思います。

LINE Payは、2018年秋からQUICPayに対応

対応するのはAndroid端末で(iPhone「Apple Pay」への対応はアナウンスされていない)全国約81万カ所のQUICPay+に対応した店舗で、スマートフォンをかざすだけで支払いが可能です。

 

QUICPayで支払う際もLINE Pay残高から支払われます。

 

2018年11月21日からAndroid端末(おサイフケータイアプリ対応)限定でサービスの提供が始まりました。LINEアプリ内のLINE PayメインメニューからGoogle Payに登録することで利用できます。

 

QUICPay+に対応した店舗で、アプリを立ち上げなくてもスマホをかざすだけの非接触決済が可能。

 

詳しい設定方法はコチラ→【LINE Pay】Android™対応端末で「QUICPay™」対応開始 | LINE Corporation | ニュース

まとめ

送金回数でカラーのランクが上がる送金機能を使うなら大きなメリットがありますが、送金機能を使わなければまったく旨味がない、という両極端な面を持っています。

 

現状ではLINE Pay対応店舗はまだまだ少なく利用はかなり限られます。

 

QRコード決済はお店側に設備導入コストがかからないため、これから普及していくと予想しています。

 

それまでは、LINE PayカードとQRコード決済はメインのサブ的な決済方法として使うのが現実的な利用方法です。

 

LINE Pay社は、店舗側に発生する手数料を3年間無料にする方針を打ち出しました。

 

まだまだ発展途上です。これからの展開が気になります。今後、決済手段の定番になるかもしれませんね。

 

現場から、ともぞうがお届けしました~
おしまい

こんな記事もおすすめ