サラリーマン、タネをまく

「節約」たまに「子育て」と「いい話」

nanacoカードよりポイント貯まる!QUICPay(nanaco)がおすすめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

QUICPay(nanaco)

nanacoポイントをセブン-イレブンで賢く確実に、ザクザク貯める方法を知っていますか?

 

実は、nanacoカードよりQUICPay(nanaco)の方がポイントが貯まります。

 

意外と知られていないのがQUICPay(nanaco)の存在で、店員さんでも知らない人は知らない。

 

みなさん、大きな声でいいますよ~

 

「すごくもったいない!」

 

QUICPay(nanaco)をセブンイ-レブンで使えばポイントを取りこぼすことなく、すべてnanacoポイントに集約することができます。


昨今、各種様々なポイントが世の中にひしめきあっています。あちこちに手を出して貯めてばかりで管理しきれず、有効期限の失効によりポイントを手放す可能性も。

 

ポイントと上手く付き合っていくためには、貯め方と使い方も考えていかなければなりません。利用金額が少ない人ほど、ポイントを1本化した方が効率よく貯めて活用することができます。

 

セブン-イレブンをよく利用する人やnanacoポイントを貯めている人のためにQUICPay(nanaco)がいかに便利でおトクか、その理由を解説していきます。

 

最後までお付き合いくださいね。

 

 

QUICPay(nanaco)は後払いする電子マネー

nanacoカードは、セブン-イレブンを利用する人にとっての「お財布カード」と言っても過言ではありません。

 

nanacoは、先にチャージ(入金)してから使うことが条件になっている先払いの電子マネーです。

 

QUICPayは、使った分だけ後から支払う後払いによる電子マネーです。支払いは、後日登録したクレジットカードからまとめて支払います。

 

nanacoとQUICPayがひとつになったものがQUICPay(nanaco)です。

 

nanacoとしても使えるし、QUICPayとしても使える便利なカードです。利用する時は、レジで「nanaco払い」か「QUICPay払い」かを伝えます。

 

QUICPay(nanaco)

 

nanacoカードの裏側にQUICPayのマークがあれば、支払いに使うクレジットカードを登録することで、QUICPay(nanaco)として使えるようになります。

セブンカード・プラスが最適

登録するクレジットカードには、セブン-イレブンと同じグループ会社である、株式会社セブン・カードサービスが発行するセブンカード・プラスが最も適しています。

 

「ポイントがジャンジャン貯まる」と、セブン-イレブンが全面的にアナウンスしているだけあって、日常的にセブン&アイグループを利用する人には使うメリットが大きいです。

 

実質、公式のクレジットカードということで着実にポイントが貯まっていきます。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスは選べる2種類

QUICPay(nanaco)のメリットを最大化するには、セブンカード・プラスを選びます。

 

QUICPayに登録できるクレジットカードは1枚だけで、登録後の変更はできません。

 

QUICPay(nanaco)

 

単体のnanacoカードを1枚用意します。

 

nanaco一体型nanaco紐付型のセブンカード・プラスを、単体のnanacoカードに登録します。

nanaco一体型の特徴

QUICPay(nanaco)

 

nanaco一体型とは、nanacoカードとクレジットカードが1枚になったものです。左上にnanacoマークがあります。

 

nanaco一体型を登録すると、単体のnanacoカードでQUICPay払いとしてレジで使います。

 

nanacoポイントは、nanaco一体型のnanacoカードに貯まります。

 

レジで使った分は、1ヶ月まとめてセブンカード・プラスで支払うことになります。

ポイント

  • 単体のnanacoカードで、QUICPay払い
  • nanacoポイントは、nanaco一体型に貯まる
  • 支払いは、まとめてセブンカード・プラス

nanaco紐付型の特徴

QUICPay(nanaco)


シンプルにクレジットカードのみ、左上にnanacoマークがない無印です。

 

nanaco紐付型を登録すると、単体のnanacoカードでQUICPay払いとしてレジ使い、単体のnanacoカードにポイントが貯まります。

 

レジで使った分は、1ヶ月まとめてセブンカード・プラスで支払うことになります。

ポイント

  • 単体のnanacoカードで、QUICPay払い
  • nanacoポイントは、単体のnanacoカードに貯まる
  • 支払いは、まとめてセブンカード・プラス

 nanaco紐付型がおすすめ

nanaco紐付型のセブンカード・プラスをおすすめします。

 

理由は、「QUICPayを使う」「nanacoポイントを貯める」「nanacoポイントを使う」と、1枚ですべてできるからです

 

nanaco一体型の場合、nanacoポイントがnanaco一体型のnanacoカードに貯まっていくので、貯めたnanacoポイントを使うにはnanaco一体型を持ち歩かなければなりません。

 

nanacoカードとnanaco一体型の2枚持ちになってしまいます。

 

nanaco一体型に貯まったnanacoポイントは、別のnanacoカードへのポイント移動はできません。

 

「1枚でnanacoとQUICPayを使い分けることができる」QUICPay(nanaco)のスマートさががなくなってしまいます。

 

これは、かなりのデメリットです。

残高不足の心配がない

レジで残高不足だった経験はありませんか?

 

僕は子どもと公園や散歩に行く時、荷物が邪魔という理由からnanacoカード1枚で出掛けます。

 

立ち寄ったセブン-イレブンで残高不足のため払えなかった、という恥ずかしい事態は避けたいものです。

 

QUICPay(nanaco)なら後払いだから残高の心配をする必要がなく、残高を気にせずに買い物ができます。

チャージの手間いらず

サッと寄れて素早く買い物をすることができる便利なコンビニ。急いでいれば1分1秒でも捻出したいものです。

 

そんな時、チャージする手間を省きたい。残高が足りなくて慌ててチャージする必要はありません。

 

QUICPay(nanaco)は、後払いだからチャージの煩わしさから解放されます。

ポイント還元率1.5%

nanaco払いで100円(税抜)につき1nanacoポイント付き、1nanacoポイント1円から使うことができます。ポイント還元率1.0%。

 

QUICPay(nanaco)払いで200円(税抜200円1ポイント+税込200円2ポイント)3nanacoポイント付き、1nanacoポイント1円から使うことができます。ポイント還元率1.5%。

 

QUICPay(nanaco)は、nanacoに比べて断然おトクです。

支払い金額の端数切り捨ては死活問題

nanacoカードは、1回ごとその場の支払いに対してその都度ポイントが付きます。

 

QUICPay(nanaco)は、1ヶ月の支払い合計に対してポイントが付きます。

 

ここに大きな差があります。

 

QUICPay(nanaco)は、支払い金額の端数切り捨てによるポイントの取りこぼしを最小限に抑えることができます。

例をもちいてわかりやすく解説

100円で1ポイント付くカードがあります。毎回198円の買い物を10回すると、全部で1,980円です。

 

  • その都度では、1回198円の端数98円が毎回切り捨てなので、1回ごと1ポイント付き10ポイント貯まります。
  •  合計では、1,980円の端数80円だけ切り捨てなので、19ポイント貯まります。

 

この差はボディーブローのように後でジワジワと効いてきます。金額が大きくなればなるほど、お財布に悪影響を及ぼします。

 

このような非効率は死活問題です。

税抜は損!ポイントは税込が得!

nanacoカードは、nanacoポイント対象商品に対して税抜きでポイントが付きます。

 

QUICPay(nanaco)は、nanacoポイント対象商品に対して税抜で付く部分と、QUICPay利用に対して税込で付く部分があります。

 

QUICPay(nanaco)を分解してみます。

  • nanacoカード→100円(税抜)1ポイント
  • QUICPay(nanaco)→200円(税抜)1ポイント+200円(税込)2ポイント

 

QUICPay(nanaco)の200円(税込)2ポイントの部分に注目してください。

 

nanacoカードも200円(税抜)で2ポイント付きます。

 

同じ2ポイントでも税抜と税込では、税抜の方が損をします。

 

  • nanaco→213円(税込)2ポイント
  • QUICPay(nanaco)→200円(税込)2ポイント

 

かなり細いことですが、同じ税込に換算しなおすと13円も違ってきます。

 

10,000円の支払いでnanacoは92ポイント、QUICPay(nanaco)は100ポイント貯まります。

 

8ポイントも差がりがあります。

 

雨粒ひとつは小さなものでも、長い年月をかければ石に穴をあけるように、小さなことの積み重ねが大事。

 

倹約とはそういうものです。

「セブンカード・プラスからのnanacoチャージ」よりも無駄がない

セブンカード・プラスからのnanacoチャージでnanacoポイントが貯まります。

 

nanacoチャージで200円ごとに1nanacoポイント、nanacoで支払えば100円(税抜)で1nanacoポイントです。200円で合計3nanacoポイント貯まります。

 

QUICPay(nanaco)も200円で同じ3nanacoポイント貯まります。

 

せっかくnanacoチャージしてポイントが貯まっても、nanaco払いにすれば100円(税抜)未満の端数はその都度切り捨てで、端数の部分のポイントは貯まりません。

 

無駄なくポイントを貯めるのなら、1ヶ月の利用額に対してポイントが貯まるQUICPay(nanaco)が断然有利です。

QUICPay(nanaco)なら紛失時の補償あり

nanacoカードには紛失時の補償がありません。戻ってくる可能性は「ゼロ」といってもいいでしょう。

 

QUICPay(nanaco)なら紛失時にセブンカードと同じ補償を受けることができるから、nanacoカードや現金を持ち歩くよりも安心です。

 

万に一の確率で不正利用されても、届け出た日から60日前までさかのぼって損害額を負担してくれます。

QUICPay(nanaco)で得する人

nanacoカードやnanacoモバイルで年間50,000円以上使っている人なら絶対にQUICPay(nanaco)がお得になってきます。

 

年間50,000円というのはセブンカード・プラスの2年目からかかる年会費500円が、年間50,000円以上のクレジットカードの利用で無料になるからです。

nanacoチャージも年間利用金額の対象

セブン-イレブンでは、QUICPayで支払うことのできない税金や社会保険、公共料金をnanacoで支払うことができます

 

残念なことに、税金や社会保険、公共料金をnanaco払いしてもポイントは貯まりません。

 

しかし、セブンカード・プラスからnanacoカードにチャージして支払えば、チャージした金額にポイントが貯まるから現金払よりもお得です。

 

セブンカード・プラスからnanacoカードへのチャージも年間利用額カウントされるので、どうせ払うならセブンカード・プラスを使って払えば一石二鳥。

nanacoで払える身近な税金や社会保険、公共料金

  • 固定資産税
  • 住民税
  • 不動産取得税
  • 普通自動車税
  • 軽自動車税 
  •  国民年金
  • 国民健康保険
  •  水道
  • 電気
  • ガス

 

納付書の裏側に記載されている取扱コンビニ店舗に、セブン-イレブンがあればnanaco払いをすることができます。

 

他にも同じやり方でポイントを貯めることができる商品とサービスを紹介します。

  • インターネットショッピング
  • 切手
  • はがき
  • 印紙
  • 年賀状
  • クオカード
  • アイチューンズカード
  • 映画券・前売り券
  • 地域指定ゴミ袋
  • ゴミ処理券
  • スキーリフト券

 

使い分けて賢くポイントを貯めることができます。                             

セブン-イレブンでのポイントの受け取り方

前月16日~当月15日の期間で貯めたnanacoポイントは、1ヶ月分まとめて次の月の5日、AM6時以降に受け取ることができます。

 

「じゃあ、5日以降にお店で買い物すれば受け取れるんじゃないの?」と、思われるかもしれませんが、普段の買い物で貯めたポイントを受け取ることはできません。

 

セブン-イレブンの店頭かセブン銀行ATMで、「nanacoカードの残高確認」または、「現金チャージ」の手続きをする必要があります。その後、自動的にプラスされます。

セブン-イレブン店頭での残高確認

店頭で残高確認をすることを伝える→nanacoカードをレジにかざす

セブン銀行ATMで残高確認

画面上にあるnanacoボタンを押す→nanacoカードを読取端末の上に置く→残高確認ボタンを押す

店頭で 現金チャージ

店頭でチャージすることを伝える→nanacoカードをレジにかざす

セブン銀行ATMで現金チャージ

画面上のnanacoボタンを押す→nanacoカードを読取端末の上に置く→チャージボタンを押す→お金を入れる

電子マネーnanacoに交換しないと使えない

受け取ったnanacoポイントは、電子マネーnanacoに交換しなければ使うことができません。

 

セブン銀行ATMだとポイント受け取りだけ。

 

nanacoポイントを電子マネーnanacoに交換するには、店頭での残高確認や現金チャージと一緒に、「ポイントを電子マネーに交換してください」と、伝えればオッケー。

 

買い物ついでに1度で済ませちゃいましょう。ポイントを貯めて交換するまでに、面倒な手続きがないのがnanacoポイントを使うメリットです。

QUICPay(nanaco)を使う3つのデメリット

デメリット1

1回の支払い上限額が2万円まで。そうはいっても、コンビニで2万円以上使うことってあまりないですよね。

デメリット2

純粋にnanacoポイントだけをたくさん貯めるのならば、セブンカード・プラスが最強です。

 

セブンカード・プラスは、200円(税込)3ポイント貯まります。

 

QUICPay(nanaco)は、200円(税抜)1ポイント+200円(税込)2ポイント=3ポイント貯まります。

 

同じ3ポイントでも税込すべてにポイントが付くセブンカード・プラスが最強。

 

ただ、セブンカード・プラスには、店員にカードを手渡してカードを読み取るという作業が発生します。

 

QUICPay(nanaco)はレジにかざすだけだから、その手間を惜しまずポイントを取りにいくか、ポイントは諦めて素早い支払い方法をとるかはあなた次第。

デメリット3

QUICPay(nanaco)の200円(税抜)1ポイントの部分は、nanacoポイント対象商品にしかつかないということ。

 

nanacoポイント対象外の商品でも、セブンカード・プラスで支払うことができる商品ならポイントが貯まるセブンカード・プラス払いにすれば問題解決。でも、レジ前でのカードのやり取りが面倒。

まとめ

単体でnanacoカードを使うよりもQUICPay(nanaco)の方がnanacoポイントを貯めやすい、ということを理解していただけましたでしょうか。

 

セブンカード・プラスを年間50,000円以上使わなくても、最低33,500円使えばポイント還元で年会費500円はチャラです。

 

初年度の年会費は無料なので、まずはお試しで1枚作ってみてはどうでしょうか。

 

今ならオンライン新規入会で2018年11月30日まで最大3,500nanacoポイントプレゼント中。ディズニーデザインが選べるようになりました。

 

【公式サイト】

セブンカード・プラス

 

メリット・デメリットと共にありますが、nanacoポイントをガッツリ貯めるには必要な1枚です。QUICPay(nanaco)を是非検討してみてください。

 

現場から、ともぞうがお届けしました~
おしまい