サラリーマン、タネをまく

「節約」たまに「子育て」と「いい話」

セブンカード・プラスのキャンペーン特典や入会ポイントで得する情報まとめ

スポンサーリンク


セブンカード・プラスのキャンペーン

そうだ、セブンカード・プラスを作ろうかな?

 

と思ったら、入会キャンペーンがある今がお得です。

 

思った日が吉日、迷っている時間はありません。

 

期間中にインターネットから申し込めばnanacoポイントがドッ、ドーンと最大3,500ポイント(3,500円相当)のプレゼントです。


もう迷わない、今日が決断の日です。


セブンカード・プラスの入会キャンペーン特典の内容や入会ポイントの獲得日など、お得な情報、注意点をお届けします。


あなたの背中を押すこと、最後の一歩を踏み出すお手伝いをすることがボクの使命です。

 

最後までお付き合いくださいね。

 

 

新規入会限定キャンペーンがお得

インターネットからの新規入会キャンペーンを利用して申し込むのがかなりお得です。

 

すべての条件をクリアすれば最大3,500nanacoポイントもらえます。

 

ポイント獲得までのハードルが低く、誰でも必ず達成することができる条件です。こんなにたくさんのポイントがもらえたら何に使おうかなと夢が広がります。

 

セブンカード・プラスのキャンペーン

 

セブン-イレブン店頭で配布している申し込み用紙でも入会キャンペーンをやっているのを見かけましたが、同じ条件でも最大2,000ポイントです。(2018年9月24日時点)

 

はいっ、迷うことなく申し込みはインターネットからに決まりです。ポイント獲得日が特典ごと違うので、特典内容と併せてお読みください。

特典1・オンライン入会

インターネットからの入会申し込みで1,500nanacoポイントもらえます。

 

カード発行月の翌月末日までにポイントが付与されます。

 

例:カード発行月が11月→12月末日までにポイント付与

特典2・オートチャージの利用

オートチャージを利用して500nanacoポイントもらえます。

 

カード発行月を含めて3ヵ月以内に、オートチャージの登録とオートチャージの利用を1回以上することが獲得条件です。

 

3ヵ月以内の登録と利用期間が過ぎてから、2ヵ月後の月末にポイントが付与されます。

 

例:カード発行月が11月→翌年の1月までにオートチャージの登録とオートチャージの利用→3月末にポイント付与

 

セブンカード・プラスのキャンペーン

(画像出典:セブンカード・プラスご入会キャンペーン|セブンカード)

 

ポイント付与のタイミングが大きくズレてきます。

 

オートチャージの利用には、nanaco会員メニューでクレジットカードの事前登録とオートチャージ設定が必要です。

特典3・JCBブランドを選ぶ

「ディズニーデザイン」か「一般デザイン」のJCBブランドを選択して500nanacoポイントもらえます。

 

申し込みをした月の翌月末日までにカードが発行されているのが条件です。

 

カード発行月の翌月末日までにポイントが付与されます。

 

例:申し込み月が10月→11月末日までにカード発行→12月末日にポイント付与

特典4・支払い口座をセブン銀行に指定

支払い口座をセブン銀行に指定して500nanacoポイントもらえます。

 

口座設定の手続きが完了した月の翌月末にポイントが付与されます。

 

例:口座設定の手続き完了月が11月→12月末にポイント付与

特典5・「支払い名人」に登録

入会時に支払い名人に登録して500nanacoポイントもらえます。

 

カード申し込みと同時に「支払い名人」への申し込みが条件です。

 

カード発行月の翌月末日までにポイントが付与されます。

 

ポイント付与時点で「支払い名人」を解除されている場合、ポイントは付与されません。

 

例:カード発行月が11月→12月末日までにポイント付与

「支払い名人」=自動リボ払い

自動リボ払いとは、1回払いのショッピング利用分を自動的に毎月自分の決めた金額で返済していく方法です。

 

リボ払いには、年利15%という高いリボ払い手数料が発生します。

 

リボ払いは支払いを先延ばしにするだけで、何か特別な理由がない限り利用するメリットは見当たりません。

 

ポイントを獲得したら、「支払い名人」は解除します。

 

それまで高額な買い物を避ければ、無駄な手数料というリスクを負うことはありません。

 

極端な例になりますが、申込み→100円のおにぎり→ポイント付与→「支払い名人」の解除、という流れです。

 

ポイントを獲得するまでは絶対に解除しないようにしてください。ポイント獲得の対象外になってしまいます。

入会キャンペーンの注意点

  • ポイント獲得時点でセブンカード・プラスまたはnanacoを退会した場合や、支払いが遅れているなどの理由でカードの利用を停止されている場合は、ポイントが付与されません
  • 家族カードは、入会キャンペーンの対象外です
  • カード台紙に記載されている「入会年月日」が「カード発行月」です
  • nanaco一体型セブンカード・プラスの場合、セブンカード・プラスに搭載のnanacoにポイントが付与されます
  • nanaco紐付型セブンカード・プラスの場合、事前に登録したnanacoにポイントが付与されます
  • 獲得したポイントは、1度「センターお預り分」として付与されます。 セブン‐イレブン店頭やセブン銀行ATM等で「残高確認」または「現金チャージ」して受け取ります

セブンカード・プラスのメリット

  • セブン-イレブンやイトーヨーカドー、デニーズで使うと200円(税込)につき3nanacoポイント貯まる
  • 電子マネーnanacoへのチャージでもポイントが200円につき1nanacoポイント貯まる
  • nanaco一体型ならnanacoカードがタダでもらえる
  • 2年目以降、年間5万円以上のカード利用で年会費500円(税込)は無料
  • 毎月8日・18日・28日は「ハッピーデー」、イトーヨーカドーの買い物が5%OFF
  • 年会費と発行手数料が無料でETCカードを追加発行できる
  • ETCカードの利用でも200円(税込)につき1nanacoポイント貯まる
  • QUICPay利用時の支払い元にセブンカード・プラスを登録すれば(JCB・VISA共に登録可能)、手持ちのnanacoカードをQUICPayとして使える(nanaco一体型セブンカード・プラスに搭載のnanacoでは、QUICPay(nanaco)は利用できません)
  • セブンカード・プラスでApple Payを利用できる(JCB・VISA共に登録可能)
  • 紛失、盗難、不正利用の窓口は24時間体制で受付、カード利用停止からさかのぼり60日間を安心の全額補償(内容を確認して問題がなければ)

 

セブン-イレブン店頭で電子マネーnanacoを使って公共料金や各種税金を支払うことができます。

 

公共料金や各種税金はnanacoポイント付与対象外ですが、セブンカード・プラスからチャージしたnanacoで支払えば、チャージした分にポイントが貯まりお得です。

 

セブンカード・プラスからnanacoのチャージ

 

我が家では、固定資産税や自動車税をチャージしたnanacoでガンガン払っています。

セブンカード・プラスのデメリット

セブンカード・プラスは、nanacoポイントがたくさん貯まり割引もできる非常にお得なクレジットカードです。


唯一、デメリットをあげるとすれば、セブンカード・プラスに付帯する保険が手薄なことです。


付帯する保険は海外でのショッピングカード保険だけで、使うシーンは極めて低く、補償はゼロに等しいといえます。

 

国内でのショッピングは対象外で、自己負担金も1万円と高く設定されています。

 

【ショッピングカード保険・補償内容】

  • 補償限度額は、年間で最高100万円
  • 補償期間は、セブンカード・プラスで購入後90日間
  • 補償自己負担額は、1事故につき10,000円

 

あくまでも、セブンカード・プラスはnanacoポイントをお得に貯めるクレジットカードという位置づけになります。

 

1年の中で海外旅行に行くよりも、セブン-イレブンに行く回数の方がはるかに多いです。比べるまでもありません。


nanacoポイントの最大の武器は、ポイントの貯めやすく使いやすさです。

 

nanacoポイントがガッツリ貯まるセブンカード・プラスには、デメリットを上回る十分なメリットがあることから、付帯保険の存在は無視してもかまいません。

入会の申し込み方法は3つ

  • インターネットから
  • イトーヨーカドー店頭で
  • セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマートで配布している申し込み用紙を郵送


インターネットからの申し込みが最も最速でカードが届きます。

 

スマホやパソコンから24時間365日いつでも申し込みができて、オンライン口座振替設定を利用すれば必要な手続きは1回で終わり、面倒がなくかなりスムーズです。

 

セブンカード・プラスのキャンペーン

 

必須項目を順に入力していくだけで、わかりやすく入力ミスや入力漏れが発生しません。

 

なんといっても、インターネットだけの入会キャンペーンでnanacoポイントを大量に獲得できます。セブン-イレブンをよく利用するならば、これ以上の喜びはありません。

 

インターネットには、他の申し込み方法にはないメリットがたくさんあります。

インターネットが便利すぎ

申し込みと同時に支払い口座をインターネットで設定(オンライン口座振替設定)することで、後日郵送による書類提出(本人確認書類やカードご利用代金お支払口座預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書、収入証明書類)が原則必要なく、インターネットで申し込みを完結できて便利です。

 

最短で1週間で手元に届きます。

 

セブンカード・プラスのキャンペーン

 

支払い口座をインターネットで設定しない場合、後日郵送されてきた必要書類の記入や返送、免許証のコピーなどを用意するのが手間になるだけではなく、申し込みから手元に届くまでに通常2~3週間と時間もかかります。

 

イトーヨーカドー店頭や申し込み用紙を郵送しても同じで、通常2~3週間と時間がかかります。

インターネットで設定(オンライン口座振替設定)できる金融機関

この中に使いたい金融機関があるのが1番良い選択になります。(2018年9月28日現在)

都市銀行・ゆうちょ銀行

【さ行】

埼玉りそな銀行

 

【ま行】
みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行

 

【や行】
ゆうちょ銀行

 

【ら行】
りそな銀行

地方銀行

【あ行】
青森銀行、秋田銀行、阿波銀行、池田泉州銀行、伊予銀行、愛媛銀行、大分銀行、沖縄銀行


【か行】
香川銀行、鹿児島銀行、北九州銀行、北日本銀行、紀陽銀行、京都銀行、きらぼし銀行、熊本銀行、群馬銀行、京葉銀行


【さ行】
佐賀銀行、山陰合同銀行、滋賀銀行、四国銀行、静岡銀行、静岡中央銀行、七十七銀行、十八銀行、十六銀行、荘内銀行、親和銀行、仙台銀行

 

【た行】

第三銀行、第四銀行、大東銀行、但馬銀行、筑邦銀行、千葉銀行、中京銀行、筑波銀行、東北銀行、徳島銀行、鳥取銀行、トマト銀行、富山銀行


【な行】
長野銀行、西日本シティ銀行

 

【は行】
八十二銀行、百五銀行、百十四銀行、広島銀行、福岡銀行、福邦銀行、北越銀行、北都銀行、北洋銀行、北陸銀行、北海道銀行、北國銀行

 

【ま行】
三重銀行、みちのく銀行、みなと銀行、宮崎銀行、宮崎太陽銀行、武蔵野銀行、もみじ銀行

 

【や行】
山形銀行、山口銀行、山梨中央銀行、横浜銀行

 

【ら行】
琉球銀行

ネット系・流通系銀行

【あ行】
イオン銀行

 

【さ行】
じぶん銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、ソニー銀行

 

【ら行】
楽天銀行

(リストはオンライン対象金融機関のご案内から作成)

インターネットなら審査の状況を確認できる

入会判定の結果は、インターネットから申し込むと早ければ当日、遅くて数日かかることがあります。

 

セブンカード・プラスのキャンペーン

 

その間、判定状況確認パスワードで専用サイトにログインすれば、現在の判定状況を確認することができます。

 

他にも、「入会受付完了の案内」「判定結果のお知らせ」「カード発送準備の通知」がメールで届くので、発行までの進み具合が確認できて安心です。

 

申し込み用紙の郵送や店頭からの申込みでは、その都度、カード会社から連絡はありません。

 

ドキドキしながらカード発行を待つことになり、気が気ではありません。

審査は土日祝を問わず

実際に申し込んだ時のケースを紹介します。

 

日曜の19時30分に入会受付完了メールを受け取り、翌日の月曜(祝日)に入会判定結果のメールが届きました。

 

入会判定の結果は休み明けかなと思っていましたが、休日にも関わらず次の日には連絡があり、予想を上回る早さに驚きました。

 

他のクレジットカードと比べてみると、申し込みから判定結果がわかるまでかなり早く感じます。

 

某クレジットカードを作った時、一向に連絡がこなくて不安になったことを思い出しました。

 

ショッピング枠とキャッシング枠の審査は別に行われます。キャッシング機能を希望すると審査に時間がかかる印象があります。


少しでも早く審査に通過したいのであれば、キャッシング枠を0円に設定しておくといいですね。

まとめ

セブンカード・プラスの主な利用先は、セブン-イレブンやイトーヨーカドーです。

 

貯まるポイントは、nanacoポイントです。

 

食料品や日用雑貨など、毎日の必需品をセブンカード・プラスで支払えば無理なく自然にポイントがどんどん貯まっていきます。

 

締め日ごとカード利用金額の合計でポイントが計算されるので、1回の会計ごとのポイント計算に比べ、端数金額分にもポイントがしっかりと反映されます。

 

貯めやすさ使いやすさは数あるポイントの中で飛び抜けて優れていることから、幅広い世代で支持されています。

 

セブンカード・プラスは、初年度の年会費が無料です。

 

以上、セブンカード・プラス入会キャンペーンの魅力でした。

 

えっ、まだ迷ってるの?

 

【申込は公式サイトから】
セブンカード・プラス

 

現場から、ともぞうがお届けしました~

おしまい